成功するカギは入居者探し!

普通の賃貸として貸し出す場合であっても、リロケーションとして貸し出す場合であっても、確実に成功させたいのであれば、入居者探しが鍵となります。自分自身のコネクションを使って、自身の住んでいる周辺に短期間住みたいという方を探すのもありですが、なかなか見つけられないと言うのであれば、仲介業者に探してもらうのが一番でしょう。

多くの場合は仲介業者を利用することになりますが、仲介業者の不動産会社によって、入居希望者が現れやすいか、ということが変わってきます。当然、時期もかなり影響はしますが、自身が出張などでどこかに行く場合であれば、時期が上手くかぶる場合もあります。

依頼をするのならば、できるだけ大手の不動産会社や、賃貸物件を取り扱っている有名な場所を選ぶといいでしょう。そうでないと、入居者が全く現れないということもあり、お金を無駄に使ってしまうことに繋がります。

上手く活用をするためには、何が何でも入居者を探す必要がありますが、私たちにできることも限られていますので、どうやって入居者を探すのか、また、入居者をうまく探せるような不動産会社を選ぶことが非常に重要になります。うまく入居者を見つけて、マンションを上手に活用してみましょう。

リロケーションの賃料設定はどうやって決めるの

出張している方に部屋を貸し出すリロケーションは、普通の賃貸の貸し出しとは違って、年数での契約が取り易く、お互いに期間がぴったりと合えば、比較的貸し出しできる可能性が高くなることや、入居期間を巡ってのトラブルなどが起こり辛いという特性を持っているので、何が何でも貸し出しをしたいと言う方にとっては、候補者が増えるので非常におすすめです。

リロケーション物件として貸し出すのならば、リロケーション専用のサイトを利用したり、不動産会社などでそのことを申し付けるだけで大丈夫です。ですので、リロケーション物件として入居者を募集することはそこまで難しい事ではありません。

しかし、リロケーションの賃料設定は、普通の賃貸とは少し違います。普通の賃貸と違って期間が限られているということも考えて、貸主にメリットがあるように賃料を普通の賃貸よりも低い値段に設定しなければならないのです。

例えば、2年契約であれば30%程度割引したり、3年、4年と長くなれば割引額を20%や15%程度までにしておくなど、期間が短い程に割引額が多くなる傾向にあります。また、値段を決める場合にはリロケーションの相場を知っておかないと、借り手がなかなか現れないので注意しなければいけません。